正しい洗髪法の実践を

髪のダメージの改善目的から、ノンシリコンシャンプーへ切り替えるに際しては、単に用いる製品のチェンジのみならず、この機会に見直すべき洗髪に際しての数々の押さえての実践が求められます。それまでシリコン入りの製品を使用していた結果、髪や頭皮の健康状態に送り届けていた悪影響をストップから、徐々ながらも自力で状態の回復が叶うよう、正しいヘアケアを正しく再確認の上、中長期的に継続しなければなりません。

ノンシリコンシャンプーは一般的に、シリコン含有製品と比較した場合泡立ちが弱く、当初は「本当にこれで十分な洗浄効果が得られているのか」との不安を覚えられる方も見られます。シャンプーの製造元が各種化学成分を含有させる目的として、より際立った泡立ちや使用後の爽快感を使用者がより実感出来る特性を持たせる目的が挙げられます。

泡立ちが大きく控えられたからと適量を越えて1度に用いない、無理矢理激しく髪を洗って無用な刺激を与えないなど、特に切り替え時から当面の間は、洗髪方法自体への注意を払ってください。何より特効薬とは違い、一朝一夕で髪のダメージの補修効果を一時的に得るアイテムでは無く、コンディション回復効果の効果実感に焦りは禁物です。