含有成分に着目を

シリコンという成分に関しては、皆さんも日常耳にされたご記憶をお持ちかと思います。美容整形の世界では豊胸手術など皮膚下に注入する成分として知られていますし。その他私達が日常的に使用する各種消耗品にも数多く採用されており、物質自体は決して人体にダイレクトに悪影響を及ぼす性質を有している訳ではなりません。このシリコンは完全に人工的に合成された物質であり、多くのシャンプーにも採用されている理由として、髪のキューティクルの表面に付着から表面に膜を張り、外見上艶やかな髪と映るメリットが挙げられます。

一方で人工的な物質が常に毛髪と頭皮に残存する状況となれば、頭皮の皮膚呼吸への影響が皆無とは言えず、シリコンが毛穴を塞いでしまえば、正常な毛髪の発育にも悪影響が避けられません。結果として外観的な美しさと引き換えに、髪と頭皮にダメージを蓄積させてしまうリスクが否めないのが、シリコン入りシャンプーが有する特性です。こうしたデメリットを回避すべく、ノンシリコンシャンプーの愛用者が確実に増加を続けています。

シリコン入り製品と比較した場合、洗い上がりの顕著な効果を視覚的に確認出来るとは限りませんが、天然成分から製造された商品ですので身体とのマッチングに不安も見られず、より安全かつ健康的な頭皮と毛髪環境の構築が期待出来ます。