正しい洗髪法の実践を

髪のダメージの改善目的から、ノンシリコンシャンプーへ切り替えるに際しては、単に用いる製品のチェンジのみならず、この機会に見直すべき洗髪に際しての数々の押さえての実践が求められます。それまでシリコン入りの製品を使用していた結果、髪や頭皮の健康状態に送り届けていた悪影響をストップから、徐々ながらも自力で状態の回復が叶うよう、正しいヘアケアを正しく再確認の上、中長期的に継続しなければなりません。

ノンシリコンシャンプーは一般的に、シリコン含有製品と比較した場合泡立ちが弱く、当初は「本当にこれで十分な洗浄効果が得られているのか」との不安を覚えられる方も見られます。シャンプーの製造元が各種化学成分を含有させる目的として、より際立った泡立ちや使用後の爽快感を使用者がより実感出来る特性を持たせる目的が挙げられます。

泡立ちが大きく控えられたからと適量を越えて1度に用いない、無理矢理激しく髪を洗って無用な刺激を与えないなど、特に切り替え時から当面の間は、洗髪方法自体への注意を払ってください。何より特効薬とは違い、一朝一夕で髪のダメージの補修効果を一時的に得るアイテムでは無く、コンディション回復効果の効果実感に焦りは禁物です。

注目のノンシリコン

シリコンは髪や肌を艶やかに輝かせるなど、その特性からのコーティング作用を通じ、いわゆるアンチエイジング効果に優れた物質として、シャンプーを始めとして多くの化粧品などに用いられています。但しいずれも改善を望む部位そのものの状態が改善されるとは限らず、表面上のコーティングすなわち「シリコン成分の膜」を構築した上での、視覚的な美しさの実現であり、結果的に効果を感じる部位へ、何らかの負担を掛けてしまう事実も無視出来ません。

特にシャンプーを使用する主目的である、髪と頭皮の汚れを落とす効果に対し、コーティングを施すシリコンの作用は相反するのも事実であり、ノンシリコンシャンプーこそが私達の身体に優しく、元来の目的にマッチした製品であるとの判断を下す方々が増え続けています。

但しシリコン自体は決して悪しき物質ではなく、シャンプーという製品を用いる目的が仮に、髪や頭皮へのダメージを引き換えにしたとしても、洗髪だけで艶やかな外観を保ちたいと判断される方々にとっては、ベストマッチの商品との判断に至る事実もまた、頭から全否定出来るものではありません。大切なのはご自身がシャンプーが届ける効果の「どの部分」を重視されるのかの自己確認です。

含有成分に着目を

シリコンという成分に関しては、皆さんも日常耳にされたご記憶をお持ちかと思います。美容整形の世界では豊胸手術など皮膚下に注入する成分として知られていますし。その他私達が日常的に使用する各種消耗品にも数多く採用されており、物質自体は決して人体にダイレクトに悪影響を及ぼす性質を有している訳ではなりません。このシリコンは完全に人工的に合成された物質であり、多くのシャンプーにも採用されている理由として、髪のキューティクルの表面に付着から表面に膜を張り、外見上艶やかな髪と映るメリットが挙げられます。

一方で人工的な物質が常に毛髪と頭皮に残存する状況となれば、頭皮の皮膚呼吸への影響が皆無とは言えず、シリコンが毛穴を塞いでしまえば、正常な毛髪の発育にも悪影響が避けられません。結果として外観的な美しさと引き換えに、髪と頭皮にダメージを蓄積させてしまうリスクが否めないのが、シリコン入りシャンプーが有する特性です。こうしたデメリットを回避すべく、ノンシリコンシャンプーの愛用者が確実に増加を続けています。

シリコン入り製品と比較した場合、洗い上がりの顕著な効果を視覚的に確認出来るとは限りませんが、天然成分から製造された商品ですので身体とのマッチングに不安も見られず、より安全かつ健康的な頭皮と毛髪環境の構築が期待出来ます。

重要なシャンプー選択

理由こそ明確とは言えずとも、少なくとも自身の髪にマッチしていないシャンプーを使い続ける中、次第に自身の髪のコンディションが根本的に劣化を見せ始めている事に気づき、この時点を迎えてようやく大慌てという展開は少なくありません。ネット上のランキングサイトで高評価だったから、友人知人に薦められたからと使い始めてみたものの、何となく洗い上がりやその後に違和感を覚えつつも「そのうち馴染んで来るだろう」との判断の結果であれば、やはりその結果は自己責任です。

今日市場には数多くのシャンプーが流通しており、各々が優れた効能を伝える宣伝活動に余念がありません。加えてインターネット上で語られるさまざまな体験談の内容は当然人それぞれで、1つの商品に対し、絶賛推薦の声と否定的あるいは注意喚起のコメントが殺到する状況が「「当たり前」となっています。最終的な判断は自身で実際に一定期間使の上でなければ下せませんが、事前の正しい関連情報や基礎知識無くして、候補に挙げる商品の絞り込みは叶いません。

ここではご自身が使用するシャンプーと髪のマッチングにお悩みの方々に向け、ノンシリコンシャンプーのご紹介とお薦めする理由、そしてシリコンという物質が髪に与える効能とリスクなど、シャンプーの成分に焦点を合わせた内容をお伝えします。ぜひ最後までご一読の上、まずはご自身が現在使用中の商品内にシリコンが含有されているか否か、このポイントの再チェックから着手してみてください。